お中元の由来や起源そして具体的な時期とは

「お中元」の起源は、古代中国にまで遡ります。中国において「中元(7月15日)」とは「赦罪大帝(地官大帝)」の誕生日の事であり、古代より様々な罪が赦される「贖罪」と呼ばれる行事が催されていました。ちなみに「贖罪」とは、過去の犯した罪業を代償物によってあがなうことです。そして「赦罪大帝(地官大帝)」とは地獄の帝とも言われ、使者の罪が赦されるように願う行事も行われていました。

中国の仏教界では、祖先の霊である「祖霊」を供養する「盂蘭盆会」と呼ばれる行事を、この日に催す様になりました。インド仏教には、「盂蘭盆(ウランバナ)」と呼ばれる用語がありますが、インドでは哲学的概念の一種を指す言葉であり年中行事とは関係なく、行事としての「盂蘭盆会」は中国が発祥となっています。その後「盂蘭盆会」と「中元」が習合し、一体化する様になります。そして日本においては、道教を通じて「盂蘭盆会」が中国大陸より日本へと伝わり、「お盆」における行事となっていきました。

江戸時代になると、先祖への供物である「盆供」と共に、次第にお世話になった方々や商売における関係者に贈り物を行う様になっていきました。そしてこの贈り物を行う習慣の事を「中元」と呼ぶれるようになり、文化として定着をしていきます。それが今日まで続く、「お中元」の由来となっています。「中元」の具体的な時期は、日本以外の北東アジアにおいては旧暦の7月15日です。

明治時代の改暦により、東日本においては主に7月15日、西日本においては主に8月15日に分かれており、地域によって「お中元」を贈る時期は異なっています。お中元のことならこちら