お中元を渡すことは当たり前

最近では、お中元を贈るという風習にも変化が起こってきており、その事態がクローズアップされるようになってきました。そもそもお中元とは、日ごろからお世話になっている人に対して、贈るものであり、決して義務感から贈るものではありません。しかしながら、従前においては、特に勤務先の上司などには贈るべきものだという風潮があったのも事実です。今では、ネットワークサービスの目覚ましい発展により、ビジネスのあり方にも変化が起きています。

同一労働同一賃金といった言葉が大きく取り上げられるようになってきましたが、会社内の人間関係においても、プライベートとビジネスとを明確に分けて考えるというかたちがとられるようになってきました。サービス残業などという言葉も軽々しく使うことができなくなってきているのです。お中元やお歳暮は、親族などのより親しい間柄に限定されるようになるのかもしれません。そんな中、お中元をサービスとする企業にとっては、生き残りをかけた厳しい挑戦が続いているのは事実です。

品揃えを充実させたり、支払方法を増やしたり、ポイントを付与したりなどとあの手この手を使って需要の囲い込みに躍起になっています。いわゆるお中元ビジネスといわれるほどに、熱を帯びた時代は終わりを告げました。このこと自体については、ネガティブにとらえる必要はないといえるでしょう。それに代わったビジネスのあり方が模索され始めているのです。

お中元のことならこちら